いい間取りの家を建てる研究会愛知支部

まずは住宅は間取りありき

アパートを選ぶ際でも建売住宅を選ぶ際でも、やっぱり住宅で最も気になるところは「間取り」でしょう。どこにどのようなものが配置されているかは、やっぱり住宅を選ぶ上でとても重要なことですからね。ですからまずは住宅は間取りありきだと思っています。

間取りはまず最初に決めておく

注文住宅でマイホームを建てる場合でも、まず最初に間取りを決めなくては細かいところも決めていけませんからね。住宅設備によって、間取りは多少変化しますけれど、しかし大枠での間取りはまず最初に決めておくものです。

設計士さんが依頼者の希望をくみとって、いそいでおおよその間取りを描いてくれて、それから住宅設備を決めていったりしますからね。私の地元、美濃加茂の新築の注文住宅の場合ですと、マイホームに入れたい住宅設備によって、間取り図を変更できるところがいいところだと言えるでしょうか。
とにかく、やっぱり住宅は間取りありきなところですからね。
家族で住むマイホームならいい間取りの家を建てる工務店を探したいです。

・注文住宅を考えることになったキッカケ

そもそも私は中古のリフォーム住宅を購入して住んでいましたが、やはり10年ほど住んでみるとどうしても「夢」が膨らんできたのが理由で注文住宅を購入することに決めました。
注文住宅でもっとも夢に感じたが「自由に設計できる間取り」で、今まで住んできた中古住宅のデメリットを全て克服しよう!と意気込んでワクワクしていたのを鮮明に思い出します。

・実際に注文住宅を設計したときの苦労点

実際に注文住宅の購入が決まって、実際に設計段階に入ると新たな疑問がたくさん見つかりました。
疑問とは2点「効率の良い間取り」「家相」で、図面を見ながら効率の良い間取りを考えるのが思った以上に大変で、さらに家相まで加わると本当に頭の中がストップしてしまうほど大変な作業になりました。
この2つの作業については、注文住宅を購入したハウスメーカー担当者が親身になってアドバイスをしてくれ、そのおかげで両立した間取りを考えることが出来たのには感謝しています。

・完成して住んでみた感想

設計に苦労した注文住宅も実際に住んでみるとその苦労が随所に現れ、頭をひねって考え出した間取りがうまく稼働したときにはそれまでの苦労もスッキリ。結果的に家相を考えると、水回りは1ヵ所に収まることになりましたが、実際に暮らしてみるとやはり1ヵ所でまとめるのが、最高に効率がいいことにも気づき。
このように苦労して完成した注文住宅でしたが、しっかりと設計段階から頭をひねって考えることで完成したときの感激もひとしおです。

PR|住宅リフォーム総合情報 英語上達の秘訣 ダイエットチャレンジ AGAでお悩み解決 エステサロンを上手に利用する情報サイト 健康に役立つ口コミ情報 AGAお悩み相談.com 女性のための薄毛治療研究会