温度差の少ない家にしたい

1.家と外との温度差

高気密高断熱の家といえば外の暑さ、寒さに強いです。どうしても家の中の環境というのは外気の影響を受けることになります。暑い時には涼しくなるようにクーラーをかけるわけですが、一度涼しくなってクーラーを切ってしまったり、弱くすると外気の差でまた暑くなってしまうわけです。寒い時にはこの逆が起きます。これによって冷暖房を常に強くやらないといけなくなるわけですが、モデルハウスのような高気密高断熱の家であればその点に強いわけです。

2.ヒートショックの危険性を抑えられる

家の中と外の温度が違うことによって起きうることとして、ヒートショックがあります。要するにいきなり温度が違うところにいったりきたりすると血圧などに影響があるわけです。家の中ですらそうしたことが起きうることになるわけですが、高気密高断熱の家であれば家の中の温度差を極力縮められるのでヒートショックの可能性を下げられるわけです。

3.安全で快適に住める家へ

まさに安全、快適な家、といえば高気密高断熱の家なんです。より安心できる家にしたいというのであればやはり高気密高断熱の家が良いでしょう。高気密高断熱の家は極端に特別というわけでもないのです。ですから、十分に普通の人でも選べる住宅性能ではありますし、検討する余地はあることでしょう。