高気密高断熱の素材に拘りたい

1.作り方としては

最近のモデルハウスは高気密高断熱ということですから壁の内側とか床の下とかに断熱材とか防湿シートをしっかりと普通の家以上に設置しているということで、さらには気密テープなどを利用して隙間をどんどん減らしていくという形になります。ですから、とにかく家の中の温度というのが外に逃げないという特徴になっているわけです。

2.冷暖房的に良い

気密性が高いということで暖房とか冷房といったような空気が室内に留められるということで外からの気温からシャットアウトするということがかなり性能として高くできるようになります。その為、冷暖房効率が非常に高くなるということが間違いなくあるわけでこれは光熱費の削減などにもつなげられるということでその点は自分がすぐ家としては実に嬉しい要素です。

3.拘りたい要素

高気密住宅として作れたら住宅をそのまま買うというのもよいですが、注文住宅なんかで作る場合には断熱材とか防湿シートなんかにも一つ一つこだわりを入れてより高い性能の家にしたいところです。空調もかなり大事な要素になるので質の良い機能性の高い、空調を導入したいところです。